PVを増やしたい ブログの悩み

ブログのターゲット設定方法[テンプレートに当てはめればOK]【ブログ初心者向け】

2019-07-27

ターゲットの決め方がわからない

記事を書く前にターゲットを決めるのはセオリーですが、どうやって決めればいいかわからないですよね?

結論からいえば、ターゲット設定は「テンプレートに当てはめればOK」です

とはいえ、ターゲットの基本を知らないと、ターゲットを決めたところで使いこなせませんので、少し詳しく見ていきましょう

読者を徹底的に絞ることで、情報を正しく届ける

 

読者ターゲットを決めよう!

記事を書く前に「誰に向けて書くか」が大切だと、5H1Wの記事でも伝えました

読まれるブログは「5W1H」でコンセプトを決める【ワードプレスブログ初心者向け】

ライティングで1番重要なのは、読者の設定です
"こんな人に読んでもらいたいなぁ~"という誰かに向けてではなく、誰に伝える!ということを明確にしましょう

読者との距離は近ければ近いほど、よりリアルな記事を書くことができます

読者層の設定方法は無限にある

ターゲットの設定の方法は無限にあります

  • 男性or女性
  • 10or20or30...
  • 小学生or中学生or高校生...
  • サラリーマンor個人事業主...
  • 課長or部長

たとえば小学生かお年寄りのどちらを読者として設定するかでも、書く記事は全く変わってくるんです

小学生に「終活の仕方」「こだわりのお墓の選び方」などを書いてもピンとこないですよね
逆に、お年寄りに「クラスの人気者になるには」「運動会で速く走れる方法」などをレクチャーしても意味ないかな

かなり極端ですが、読者によって書く内容はもちろん、書き方や言葉のチョイスも変わってきます

ターゲットに合わして親しみやすい文章にチューニングすることで、伝わりやい記事になる
読者の設定は細かいほど記事がリアルになり、アクセス数が上がります

読者のプロフィールを決めよう

 

ターゲットの設定は、どこまで細かく設定すればいいの?

読者設定は細ければ、細かいほどOK
20代女性向け、40代サラリーマン向けではザックリしすぎです

ターゲットの性別は?年代は?家族構成は?年収?職業?などなど...
1人の人をイメージできるモデル読者を設定し、なるべくリアルにリアルに書き出しましょう

こうすることで、記事に特長が出てプロフィールに似たユーザーを獲得することができます

読者プロフィールのテンプレート

はじめての人でもプロフィールを設定できるように、読者設定のテンプレートを作りました

noteではダウンロードできます(準備中です!)

ブログでは簡単な例を出します

あなたのターゲットはどんな人?

  • 名前 リョウ
  • 性別 男
  • 年代 20代後半
  • 家族構成 夫婦
  • 住まい 名古屋市内、賃貸マンション 家賃6.5
  • 職業 CADオペ
  • 年収 300
  • 趣味 読書、サイクリング
  • 性格 人見知りで内気な性格
  • 不満や悩み これから今の仕事を続けていくのか
  • 夢や目標 2度目の起業し年収1千万以上で成功する
  • 知的レベル 高卒(建築専攻)
  • 理想のライフスタイル 30歳までに余裕をもった生活をすごす
  • どんな情報を求めているか 起業のアイデアや成功論

ザッと書き出してみましたが、もっとオリジナルのものを増やしてもOK
もちろんこれでも十分役に立ちますし、アップデートの繰り返しで深く掘り下げていくのもいいですね

読者が好きなことや悩みをイメージすると、ツボがガッチリつかめる

 

読者の悩みに寄り添って、解決してあげよう

ターゲットを細かく設定したら、名前をつけてかわいがること!
"え?かわいがる?"となりますが、強制的に親近感をわかすためです

親近感がわけば、興味のあることもイメージしやすくなりますよね
ターゲットの食いつくポイントを見極めることができれば、しっかり読まれる記事が書けます

食いつくポイントはターゲットの悩み

食いつくポイントの1つに挙げられることが「悩み」

なぜ読者は記事を読むのかというと、悩みを解決したいからです
悩みを解決してくれるピンポイントの記事があれば確実にターゲットは読みますよね

たとえば例にあげたターゲットでいうと「起業で成功したい20代後半の男性」
それを参考に「起業のアイデア」「起業の成功」などを中心とした記事を書けばOKです

ちなみに起業に関しては「入門起業の科学」がおすすめ
「起業の科学」を解りやすく書いた本で、まずはこっちから読むのがいいですね

起業の科学はこの本です

ターゲット層の情報収集で本音を探れば、自然と人は集まる

 

読者を決めたいけど「自分とかけ離れすぎて、悩みがわからん!」と悩む人もいますよね

たとえば、50代男性が大学生の悩みをイメージするのは困難です
そんなときは、読者ターゲットたちと合う機会を設けることもオススメ

実際に合って聞くほうが、考えるよりも遥かに速く、うまくいきます
リアルで会うことに抵抗があるばあいは、ネットでのアンケート機能などを使ってもOK

彼らの生の意見を掴むことで、グッといい記事が書けます

SNS、特にTwitterでの情報収集も役立つ

本音と嘘が混在されている場所なので、全てを真に受けることはNGですが、ターゲット設定に近いユーザーを調査するのも1つの手ですね

彼らがどんなことをつぶやいているか、どんな記事を好んでシェアしているかなどデータを取ることができます

ターゲットの悩みを徹底的にイメージするこで、ピンポイントに解決する記事を発信できる
そんな記事には人が自然に集まってきます

悩みの解決のストーリーを想像すれば、高額商品だって売ることができる

 

悩みの解決までのストーリーを考えよう

この記事読んでいるあなたはブログで稼ぎた気持ち、ありますよね?

そんなときは、商品・サービスを売るときにする一般的な方法で、読者の悩みから解決までのストーリーをイメージしてみてください

たとえば、あなたがダイエットに効果があるサプリを紹介するとします

ダイエットをしたい人にアピールして、その人がサプリを買って
ダイエットで痩せるまでのストーリーを考えてみましょう

  • まずターゲットは「ダイエット 効果」で検索する
  • 検索結果で「ダイエットに効果がある方法」という記事を見つける
  • クリックすると、ダイエットに効果がある方法にサプリが紹介されていた
  • 価格もお手頃、13回飲めばいい、2週間で効果が出てくるような内容が書いている
  • 求めていた条件をクリアし、それ以上の期待を持てたから購入
  • 紹介されていたとおり、ダイエットの効果がありました めでたし、めでたし

 

こんな上手い話はないですが、ザックリいえばこんな感じにストーリーをイメージします

もっと細部まで考えれば、その人はどんな情報が欲しくて、どんなことが書いてあれば買うのかが分かってきます
(例であれば、価格、飲む量、効果スピードが書いてある)

ストーリーを考え、必要な要素を記事に書くこと

これだけで、ターゲットの欲しがる条件に合えば、ここだけの話"高額商品"を売ること"も難しくはありません

5H1Wの記事でも伝えたとおり、人の価値は人それぞれです
高額商品は誰が買うのか、どうやって買うのかをイメージできれば、購入者にアプローチすることも可能ですよね

読者が食いつきそうな言葉をリストアップすると、強いタイトルが生まれる

 

読者が思わずクリックする言葉を集めよう

どれだけターゲットに向けた記事を書いても、クリックされなければ意味がありません
そのためタイトルには言葉選びが重要です

ターゲットの好きな言葉、反応しそうな言葉、つまり「食いつきワード」をタイトルに入れるましょう

たとえば読者ターゲットが起業希望の男性だった場合

  • 起業 コツ
  • 起業 マインド
  • 起業 アイデア
  • 起業 成功

などは、食いつキーワードですよね

読者の心にズバッと突き刺さるワードを見つけるには、ターゲットと近い人と話したり、SNSを覗いてみること
また、同じゾーンをターゲットにしている競合サイトをチェックするのも有効的です

競合サイトの人気記事をチェックすることで、どんなキーワードにアクセスが集まっているのか日々研究してみましょう

大量の食いつきワードはサジェストを調べる(準備中)

食いつきワードのストック方

食いつきワードをストックしておくと、タイトルや記事作成のときにかなり役立ちます
リストアップしてメモやエクセルに保存しておくのがオススメですね

私の場合はiPhoneの標準メモアプリにチェックリストを作って保存しています
メモアプリに保存しておけばMacの標準メモに同期されるので、PCでも簡単にチェックできます

読者がどんな言葉に興味を示すのか、食いつきポイントの見極めでアクセス数をアップさせていきましょう

ちなにみにタイトル作りに役立つ、インパクトのあるタイトルワードを集められた本はこちら

-PVを増やしたい, ブログの悩み

Copyright© ROKUSHAN BLOG , 2019 All Rights Reserved.