ブログの悩み ブログを始めたい

WordPressおすすめプラグインは9つのみ[最低限必要]【ワードプレスブログ初心者向け】

2019-08-30

 

女性
プラグインって、何を入れたら良いの?おすすめも教えて!

 

このような疑問に答えていきます

 

ロクサン
こんにちは、ロクサン(@RokusanBlog)です。Wordpressのプラグインは、テーマと同じように無限にあるますが、何を入れればいいか分からない!ってなりがちです

 

しかし、プラグインを入れ過ぎると悪影響もあります

注意ポイント

  • ブログが重くなる
  • ウイルスにかかる可能性が広がる
  • プラグイン同士で相性が悪くエラーが起こる
  • アップデートで不具合が起こる可能性がある

このような良くないことが起こる可能性があり、管理ができなくなります

 

この記事では、最低限入れておきたいプラグインを紹介していきます。どんなブログやサイトを作るときも基本的には、この9個のプラグインを入れてます

 

おすすめのプラグイン一覧は以下の通りです▼

おすすめのプラグイン

  • AddQuicktag
  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
  • All In One SEO Pack
  • Broken Link Checker
  • Google XML Sitemaps
  • PS Auto Sitemap
  • PuSHPress
  • WP Multibyte Patch
  • Table of Contents Plus

無知な状態でプラグインを触るのは危険

 

会社や個人が運営するブログやサイトも作ってきた経験から、知識がない状態でプラグインをイジるのは割と危険です

 

また、使い方がややこしいプラグインは、その操作だけでも時間を取られるので不要です

なので、基本的には設定したら、それ以上触らないプラグインだけを使ってます

 

ロクサン
Wordpressって簡単な操作がウリなのに、プラグインで難しい操作が出てきたら意味ないですよね

 

それでは、系統別に紹介していきます

 

SEO対策系

 

SEO対策のプラグインは必須です

「Googleの評価をマイナスにしないため」に最低限必要なものばかりです

 

All In One SEO Pack

 

All In One SEO Packは、ブログ初心者にとっても必須のプラグインです

SEOに関する設定が、これでもか!っってぐらいにできます

 

PuSHPress

 

PuSHPressは、Google検索エンジンに瞬時にインデックスさせることができるプラグインです

 

サイトマップ系

 

サイトマップには2種類あります

  • XML サイトマップ
  • HTML サイトマップ

このブログでは、それぞれに対応したプラグインを使ってます

 

サイトマップに関しては、この記事で少し触れています▼

内部リンクとは?ユーザーに分かりやすいリンクの貼り方(構造)で回遊性をUP!【SEO効果あり】

続きを見る

 

Google XML Sitemaps

 

Google XML Sitemapsは、Google検索エンジンのためのサイトマップです

 

PS Auto Sitemap

 

PS Auto Sitemapは、ユーザーに見てもらうためのサイトマップです

 

リンク系

 

内部リンクや外部リンク、画像などのリンク切れはSEO的にNGです

 

Broken Link Checker

 

Broken Link Checkerは、内部リンク、外部リンク、画像などのリンクが切れてないか調べてくれるプラグインです

定期的に調べてくれて、リンク切れがあれば報告してくれます

 

スパム対策

 

コメント欄を解放しているとやってくるスパム

ここからの不特定多数のリンクは、SEO的にも良くないですし、ブログを見に来てくれるユーザーにも良くないです。また、ウイスルが潜んでいる可能性もあるので、対策は必要です

 

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

 

Akismet Anti-Spamは、自動でスパムコメントをブロックしてくれます

一度スパムコメントがついたら無限に増えていくので、早めに設定しれおくと良いですね

 

エディター系

 

エディター系のプラグインはいろいろ入れたくなりますよね

最近の有料テーマだと、割とエディター系のプラグインが必要なくなってますが、これだけは必須です

 

AddQuicktag

 

AddQuicktagは、タグのショートカットを作ることができます

たとえばショートコードとか、よく使う装飾のコードを登録していれば、ワンクリックで呼び出すことができます

 

Table of Contents Plus

 

Table of Contents Plusが、記事の目次を自動で作成してくれます

カスタマイズ次第で、かなり良い感じの目次もできちゃいますが、割とハードル高めです

 

日本語対応

 

WordPressはアメリカで開発されているプログラムなので、全て英語でも表示です

それを日本語にするプラグインが必要になってきます

 

WP Multibyte Patch

 

WP Multibyte Patchは、日本語対応してくれるプラグインです

WordPressをインストールしたときに有効化されているプラグインなので、特に操作は必要なく、そのままでOKです

 

WordPressのプラグインの追加の方法は、こちらの記事で解説してます▼

プラグイン
WordPressプラグインのインストール方法を徹底解説【ワードプレスブログ初心者向け】

続きを見る

 

ワードプレスブログ始め方徹底解説に戻る

-ブログの悩み, ブログを始めたい

Copyright© ROKUSHAN BLOG , 2019 All Rights Reserved.