Marketing

【基礎】オウンドメディアはトリプルメディアの1つの「伝える場所」

オウンドメディアと聞くと「企業のブログサイト」とイメージすると思います

実は、オウンドメディア(Owned Media)の正しい定義は「自社が所有するメディア」という意味なんです

なので、コーポレートサイトやECサイトなども「オウンドメディア」の1つということです

この記事では、

  • オウンドメディアとは何か?
  • トリプルメディアとの関係性ってなに?

など、「オウンドメディアとトリプルメディア」について勉強していきましょう

トリプルメディアとは

オウンドメディアについて調べていると必ず出てくるキーワードが「トリプルメディア」

トリプルメディアとは、メディア戦略を考えるときに使うマーケティングのチャンネルを3つに分類したワークフレームです

実は、オウンドメディアはトリプルメディアの1つなんです

メディア戦略とは

メディア戦略とは、広告をするときにテレビ、ラジオ、雑誌、フリーペーパー、web、SNSなどの媒体(メディア)をどのように組み合わせて使うかを考えること

メディア戦略は広告戦略の1つで、もうひとつ”クリエイティブ戦略”があります

  • メディア戦略=「伝える場所の確保」
  • クリエイティブ戦略=「伝えるべきメーッセージ」

メディア戦略はターゲットの属性、サイズ、エリアに合わせて、予算内で1番効果的な方法を”複数のメディア”を使って作ることが重要なんです

なので、トリプルメディアのそれぞれの特徴を活かしていくことが「メディア戦略」のポイントなんですね

オウンドメディア

オウンドメディアの意味は「Owned=所有している+メディア」

⇒ つまり、自社で所有しているメディアのこと

ブログ形式のwebサイトだけではなく、コーポレートサイトやECサイトもオウンドメディアということです

しかし、コラムや読み物コンテンツを提供する「ブログ型webサイトのことだ」と、多くの方が認知しているように紹介されていることが多くあります

メリット・デメリット

オウンドメディアのメリット・デメリットはこんな感じです

メリット

  • ユーザーにとって有益な’情報を定期的に発信することで、見込顧客とのユーザーニーズの育成、企業ブランディングなどに有効
  • 作ったメディアは自社で所有するため、コンテンツが資産となる

デメリット

  • ペイドメディアのように広告の露出がコントロールできない
  • 成果がでるまでに時間がかかる

ペイドメディア

ペイドメディアの意味は「Paid(払う)+メディア」

⇒ リスティング広告やディスプレイ広告など、費用を払って利用するメディアのことです

認知や集客に効果があり、新規顧客に対してのアプローチに有効的ですね

メリット・デメリット

メリット

  • 費用を払えばコンテンツをすぐに露出させることができる
  • 費用の設定や、ターゲット、キーワードの設定など、露出したい場所を細かく調節できる

デメリット

  • 広告費を払い続けないと露出できない
  • 自社の資産にはならない

アーンドメディア

アーンドメディアの意味は「earned(獲得する)+メディア」

ユーザーの信頼や支持を獲得するという意味ですが、アーンドメディアの登場は、SNSやCGM(口コミサイト)が登場したことが関係しています

⇒つまり、ユーザーが情報の起点となるメディアのことです

今まで情報を発信するときに

  1. 広告費を払って発信する方法
  2. 自社媒体で発信する方法

の2種類が主な選択肢でしたが、SNSの登場により

  • ユーザーの手によって拡散される方法

という3つ目の選択肢が生まれたというのが始まりです

メリット・デメリット

メリット

  • 自社ではなく、ユーザーが情報を露出してくれる
  • ユーザーによる拡散なので、情報の信憑性が高く感じられる

デメリット

  • 間違った露出のされ方で「炎上」する可能性もある
  • 露出度、拡散力をコントロールできない

トリプルメディアのまとめ

トリプルメディアをまとめると、このような感じです

種類 オウンドメディア ペイドメディア アーンドメディア
意味 自社で所有しているメディア 費用を払って利用するメディア ユーザーが情報の起点となるメディア
  • サービスサイト
  • ブログサイト
  • 自社所有のSNSアカウント
  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • 記事広告
  • 口コミ
  • インターネット掲示板
  • ユーザーのSNSアカウント
役割
  • 見込み客との関係構築
  • ブランディング
  • アーンドメディアで展開されるコンテンツの発信
  • 新規顧客の獲得
  • オウンドメディアへの誘導
  • アーンドメディアで展開されるコンテンツの発信
  • コンテンツの拡散
  • 顧客とのコミュニケーション
メリット
  • コントロール可能
  • 自社の資産になる
  • 費用対効果が良い
  • コントロール可能
  • 成果が出るのが早い
  • 拡散力が強い
  • 信憑性が高い
デメリット
  • 自社で運用するノウハウが必要
  • 成果出るまでに時間がかかる
  • 自社の資産にならない
  • 費用が高い
  • 信憑性が低い
  • 拡散力をコントロールできない
  • ネガティブな拡散が行なわれる可能性がある

オウンドメディアとトリプルメディアの関係性

トリプルメディアのそれぞれの特徴を解説しましたが、トリプルメディア同士の関係性を見ていきましょう

ペイドメディア

  • 費用は発生しますが露出の効果が早く、拡散も自社でコントロールできる

アーンドメディア

  • 内容によって、ペイドメディアよりも拡散力が強くなる可能性がある反面、拡散性はコントロールできない
  • ユーザー同士の拡散のため企業の思惑のない信憑性の高い情報とされている

そして、この2つに欠かせない核となる存在がオウンドメディアです

オウンドメディア

  • オウンドメディアで発信した情報を、ペイドメディアとアーンドメディアを使って拡散

2つのメデイアからオウンドメディアへ誘導することが、オウンドメディアとトリプルメディアの関係性になってくるのです

  • ペイドメディア⇒オウンドメディア
    ペイドメディアで新規顧客を誘導し、オウンドメディアで見込み客との関係性を構築
  • アーンドメディア⇒オウンドメディア
    アーンドメディアで拡散された情報から、オウンドメディアへ誘導

このように、オウンドメディアを成功させるには、ペイドメディアとアーンドメディアをうまく利用していく必要もあります

この記事で「わかった!」こと
  1. オウンドメディアはトリプルメディアの1つ
  2. トリプルメディアとはメディア戦略を考えるときの使うワークフレーム
  3. オウンドメディアとは自社で所有しているメディア
  4. ペイドメディアとは費用を払って利用するメディア
  5. アーンドメディアとはユーザーが情報の起点となるメディア
  6. オウンドメディアの成功は、ペイドメディアとアーンドメディアをうまく使うこと

オウンドメディアやトリプルメディアのことに関して解説しました

基礎知識として覚えていれば、それぞれのメディアでの役割がなんとなく分かりますね

広告では見てもらえるための要素を取り込もうとか、SNSでは拡散されやすい様にしようとかイメージしやすいと思いますよ!