SEOを始めたい ブログの悩み

Google検索エンジンとは?仕組み・理念・評価要素を徹底解説【SEO対策】

2019-08-09

  • どんなSEO対策って具体的になにが必要となってくるの?
  • SEO対策するのに、Google検索エンジンの仕組を全く知らなんだけどOK?

結論から言えば、SEO対策をするのに、対応するプラットフォームの"Google検索エンジン"について知らないのはNGです

何をするにもまずは"相手を知る"こと="Google検索エンジンを知る"ことは、SEO対策の基礎となる大切な部分です

SEO対策とはGoogle対策こと

シンプルにいえば、SEO対策とはGoogle検索エンジンの最適化 のことです

でも、なんでGoogle検索エンジンなの? と思いませんか

そもそも検索エンジンとは、Web上にある情報を検索によって表示してくれるシステム で、Google、Yahoo!、Bingなどさまざまな"検索エンジン"があります

SEO対策とは「検索エンジン最適化」といいますが、今使われている検索エンジンのシェア数はこの通り

  • Google 70.5%
  • Yahoo!24.3%
  • Bing 4.5%

9割以上がGoogleとYahoo!なんです

そして、Yahoo!の検索エンジンは"Google検索エンジン"を利用しているため、結果 「Google検索エンジン」のSEO対策のみでOK ということ

Google検索エンジンの仕組み

この記事の本題にはいる前に、Google検索エンジンの仕組みを解説していきますね

Google検索エンジンは3つのプロセスを通って、検索結果を表示しています

  1. Webページをクロールして情報を取得する
  2. 取得した情報をインデックスする
  3. 検索に関連した記事を表示させる

それぞれ少し深掘りしていきますね

① Webページをクロールして情報を取得する

Googleは「Webクローラ」と呼ばれる検索ロボットが、インターネットを回ってブログなど"ネットにある情報"を収集してます

基本的にクローラは、一度クロールした(回った) ブログなどの"サイト内リンク"をたどって、新しいページを発見しています

なのでクローラに発見されなければ、記事を公開しても無いもの同然
解決方法は手動でクローラに知らせばOKです

② 取得した情報をインデックスする

クローラが収集した情報は、Googleのデータベースに保存されます

このデータベースに保存されることを「インデックス」といい、辞書などの索引がつくられていくイメージですね

インデックスされるときには、記事の内容をそのまま保存するわけでなく、キーワードや公開からの時間経過など、独自の情報も追加されて保存されます

③ 検索に関連した記事を表示させる

ユーザーが検索したキーワードに対して、インデックスに保存されている中から"優良で関連性の高い記事"を表示させます

このとき最適な記事を選ぶ方法が「検索アルゴリズム」というシステムです

検索アルゴリズムは主に3つのフィルターを通します

  1. 検索キーワードの分析
  2. 検索キーワードとの比較
  3. 記事のランキング

 

① 検索キーワードの分析

ユーザーが検索した キーワードの意味や意図を読み取ります

似た意味や文字でも、高度な分析によって正しく判断されています

② 検索キーワードとの比較

検索したキーワードの意味や意図を理解し、関連するものを インデックスされた記事からピックアップ されます

検索キーワードが含まれた記事を索引から探すイメージですね

③ ページのランキング

インデックスからピックアップした記事を、ユーザーの必要度に対して順位をつけます(ランキング)

このランキングのアルゴリズムの要素は「評価要素(ランキングシグナル)」と呼ばれ、要素は200以上のがあると言われてますが、内容はほぼ非公開な状態です

しかし、評価要素はSEO対策の肝 なので非常に重要です

そのため、手がかりとなる「Googleの理念」今まで公開されてきた内容 から推測されてきた評価要素を解説します

Googleの理念から求められるSEOのプロセス

Googleランキングのアルゴリズムを推測するために1番いわれていることは、Googleの理念から紐解くこと

Google検索のあるべき姿(理念)とは、

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズに一致するものを返すエンジンである

これをSEO対策に置き換えてみると

  • ユーザーの意図を正確に把握し=ターゲットの想定
  • ユーザーのニーズに一致するものを=コンテンツの作成
  • 返す=コンテンツの価値を伝える手段

ということです
少し詳しく見ていきましょう

ターゲットの想定

ターゲットの想定とは

  • ユーザーがどんな意図で検索しているか
  • どんなニーズを持っているか

など、キーワードに対して ユーザーはどんな記事を読むかな? と、ターゲットユーザーを分析することです

一般的なマーケティングで必要となるターゲット分析はSEOでも重要なんですね

コンテンツの作成

ターゲットユーザーに情報を伝えるためにはコンテンツを作る必要があります

ユーザーが満足にする(ユーザーのニーズ)コンテンツは、検索意図に応えられているかどうか です

どれだけ詳細であっても「思っていたものと違う?」となれば、ユーザーニーズとは一致してないからGoogleから評価はしてもらえません

このキーワードは、どんな検索意図なのか?という分析が大切になってきますね

コンテンツ価値を伝える手段

コンテンツ価値を伝えて、Googleに評価してもらうためには、コンテンツを公開しているブログでの対策 が必要です

サイト構造や、タグの使い方など "具体的な対策" いわいるSEO対策でよく取り上げられている内容ですね

この3つをまとめると見えてくるSEO対策

さくっとまとめると、Googleの理念から求められるSEO対策は

  • ターゲット分析
  • ユーザーニーズに一致するコンテンツ制作
  • 検索エンジンに評価されやすいブログ

この3つのうち1つでも欠けてしまうとSEO評価は上がりませんので、要注意です

Googleの評価要素

具体的にGoogleが評価する要素を解説していきます

ランキングアルゴリズムは非公開ですが、過去のデータからGoogleは2つの要素を評価しています

  • 内部要素
  • 外部要素

簡単に解説します

内部要素

内部要素とはブログの内部に関する評価要素 です

  • 〈title〉や〈meta description〉が適切か
  • XMLサイトマップを作成しているか
  • 構造化マークアップに対応しているか
  • 表示速度は十分に高速化
  • モバイルフレンドリーか
  • コンテンツがユーザーニーズを満たしているか

評価要素のほんの一部ですが、要素をおさえながらブログを作成することで、検索エンジンから評価され順位も上がっていきます

"ここにキーワードを挿入すればOK"、"このタグをつければ上がる"的な単純な話ではなく、評価要素に1つずつ素直に対応することがSEO対策に求められている ことです

外部要素

外部要素とはブログの外部に関する評価要素

外部要素とは、主にリンクや引用(サイテーション)のことです

Googleは 多くのブログで紹介されたブログは高品質 と考える評価方法です
よくある勘違いは、外部対策はSEO会社からの「外部リンク」です

人工的に作成したブログから評価を上げたいブログリンクを貼り付けて評価をえることは、 Googleのガイド違反になるためペナルティ を受けるリスクがあります

優良なコンテンツを作成して、自然に被リンク・被引用をは発生させることが重要になってきます

SEO対策のPDCA

SEO対策として、内部要素、外部要素があるのはOKですね

しかし、Googleかのペナルティやスパムなどマイナス評価を受けている場合は、どれだけ対策をしたところで意味がありません

なので、まずはマイナス要素を取り除く「マイナスからゼロにするSEO」が必要です
これがクリアできれば、表示速度の高速化やモバイル対応など「ゼロからプラスにするSEO」の対策をしていく流れになります

SEO対策をするにも 順番を守らないと効果が出てきません が、言われたとおり単純に対策すればいいともんじゃないです

なぜSEO対策で効果がでたのか、でてないのか

このような疑問を持ち続け、エラーなどマイナス要素を確認するためにも、日頃からデータを見るこが重要になってきます

マーケティングや経営学などではデータを見るのは当たり前で、そのデータを元に「PDCAサイクル」とよばれる作業の流れが大切なんです

  1. Plan = 対策の計画
  2. Do = 実行
  3. Check = 検証
  4. Act = 改善

この4つの流れをSEO対策でも繰り返す作業をしていきます

このPDCAを回すために必要なツールがSearch Console
長くなるので、詳しくは別記事で解説していきます

SEO対策をするにはGoogle検索エンジンを知ることから始めようのまとめ

 

Google検索エンジンのことから、検索エンジンに最適化するための要素を解説してきました

まとめると、こんな感じですね

  • SEO対策とはGoogle対策のこと
  • 検索のプロセスは3つ
    1. Webページをクロールして情報を取得する
    2. 取得した情報をインデックスする
    3. 検索に関連した記事を表示させる
  • Google理念から求められるSEO対策
    • ユーザーの意図を正確に把握し=ターゲットの想定
    • ユーザーのニーズに一致するものを=コンテンツの作成
    • 返す=コンテンツの価値を伝える手段
  • Googleの評価要素
    • 内部要素
    • 外部要素
  • SEO対策はPDCAで回そう

それぞれ深掘りしていきますので、関連記事を参考にしてみてください

-SEOを始めたい, ブログの悩み

Copyright© ROKUSHAN BLOG , 2019 All Rights Reserved.