ブログの悩み 書き方を知りたい

ブログ記事の「下書き」方法!テンプレートで初心者でも簡単にライテイング可能

2019-11-01

 

女性
ブログ記事の下書きって何を意識して書けばいいの?

うまく書きたいんだけど、わかりやすいテンプレートがあれば教えてほしい

 

このような悩みを解決していきます

 

この記事はこんな人におすすめ

  • うまく記事が書けない人
  • 記事の下書きの方法を知りたい人
  • 下書きのテンプレートがほしい人

 

こんにちは、ロクサンです

自分のブログの書き方を整理していたときに、こんなことをつぶやきました

 

 

僕が最近やっている記事の下書きは4つのブロックを作ること

①問題提起(ユーザーの悩み)
②解決策(箇条書きで)
③具体例(②の詳細)
④結論(まとめ)

③具体例では 策案、理由、具体例、結論の順に書けばOK

基本的には4つのブロックの繰り返しですね。

 

これについて深掘りしていきます

ブログ記事のクオリティは下書きが8割なので、僕も下書きにはかなりの時間を使っています

 

ブログ記事の下書きを うまく書く方法

紹介するブログ記事の「下書きテンプレート」に合わせて書いていけばOK

 

下書きテンプレート」の内容は以下の4つです

  1. 問題提起
  2. 解決策
  3. 具体例
  4. 結論

 

この順番でブログ記事の下書きを書いていけば、自動的に記事構造を意識した作りになってます

ブログ記事の「準備作業」に利用してみてくださいね

 

この記事の下書きも公開しているので参考にどうぞ!

 

\ワードプレスと相性抜群サーバー♫/

レンタルサーバー Xserver

検索結果に強い

圧倒的に安い(月額900円〜)

11/29まで限定!ドメイン無料!

 

ブログ記事「下書きテンプレート」の大まかな流れ

 

ブログ記事「下書きテンプレート」は冒頭でも紹介したように"4つのブロック"(順番)に分かれています

  1. 問題提起
  2. 解決策
  3. 具体例
  4. 結論

 

実際に、この記事の下書きはこのような感じで書いていきました

 

所見でみると「???」となるかもしれませんが、それぞれ詳しく解説していきます

 

① ブログ記事下書きテンプレート「問題提起」

 

問題提起とは、「ユーザーの悩み」のことです

 

ブログ記事は"ユーザーの悩み"を解決するもの(役立つもの)だと考えています

 

なので問題提起では、2つの質問を埋めていきます

  • どんな人の悩み?
  • どんな悩み?

 

どんな人の悩み?について

1つ目の「どんな人の悩み?」は、誰に向けて書くのかを決めます (ペルソナの設定)

この記事の場合であれば、「ブログ初心者」ですね

 

だれに向けて書くかを決めることで、どのような言葉で伝えればいいかが変わってきます

 

どんな悩み?について

2つ目の「どんな悩み?」は、ブログ記事のテーマになる部分です (キーワード設定)

この記事の場合、「ブログ記事の下書き方法が知りたい」ですね

 

なにを書くかを決めることで、記事の内容が脱線せずに書くことができます

 

この2つを組み合わせることで、誰のどんな悩みを解決していけばいいんだ!というブログ記事の道筋が見えましたね

 

② ブログ記事下書きテンプレート「解決策」

 

解決策は「ユーザーの悩みを解決する方法」を紹介していきます

 

解決策は記事に求められる一番大切な要素です

内容が薄かったり、結局なにが言いたいの?となってしまうと全く読まれない記事になります

 

なので、解決策では2つのポイントを抑えておきましょう

  • スバリこれ!という解決策
  • 解決策の理由や方法(3つ程度)

 

ズバリこれ!という解決策について

"ズバリこれ!という解決策"とは「記事の中でも一番言いたいこと」です

この記事の場合は、「ブログ記事の下書きは、紹介するテンプレートに合わせて書けばOK」ということですね

 

ブログ記事でユーザーが求めていることは「悩みの解決策」です

解決策がない記事はユーザーには必要ありませんので、ここで"ズバリ"決めていきましょう

 

解決策の理由や方法(3つ程度)について

"理由や方法を3つ程度"というのは「具体的なトピックス」のことです

この記事の場合、「問題提起、解決策、具体例、結論」の4つのトピックスになります

 

ただ単純に「解決策は◯◯です」といっても「なんで?」となってしまいます

その"なんで?"を答えてあげるのが"理由や方法のトピックス"の役割です

 

この2つを決めることで、どのキーワードで記事の内容を展開していけば良いのかが具体的になります

 

③ ブログ記事下書きテンプレート「具体例」

 

具体例では、"解決策"での「理由や方法のトピックス」を具体的に解説していきます

この記事では、「問題提起、解決策、具体例、結論」のことですね

 

具体例では4つの項目で展開していきます

  • 策案 ... 理由(方法)1つを書き出す
  • 理由 ... その理由や方法を完結に紹介する
  • 具体例 ... 具体例を出して解りやすく解説
  • 結論 ... 理由や具体例を含めて策案についてまとめる

 

 

トピックス(解決策)を具体的に解説することで、内容の濃い「ユーザーの為になる記事」になってきます

この記事でも4つも項目で展開しいるので、実際の下書きと見比べてみてくださいね

 

④ ブログ記事下書きテンプレート「結論」

 

結論では、「記事で伝えたいことをまとめる」ことをします

最後にまとめることで、さらに出てくる悩みや、必要な情報(マネタイズ)に繋ぐことができます

 

まとめる内容自体は、"問題提起"と"解決策"だけでOKです

 

重要なのは、ユーザーを誘導してあげることです

ユーザーはワガママで、情報には貪欲なので、繋がりのある情報には飛びつきやすいです

 

この記事であれば「ブログ記事の下書きの方法はわかった!次は、下書きを使ったブログ記事の作成方法が知りたい!」となるのも想像がつきます

結論では"まとめて終わり"ではなく、ユーザーの行動を予測して提案までできればナイスですね

 

ブログ記事「下書きテンプレート」のまとめ

 

この記事の実際の下書きを公開して、ブログ記事の「下書きテンプレート」を解説してきました

 

下書きテンプレートに沿って書けば、初心者の方でも「良い記事を書くための準備」が整います

  1. 問題提起
  2. 解決策
  3. 具体例
  4. 結論

 

女性

「下書きテンプレート」で、いい感じの下書きができた!

でも、この下書きを有効活用するには、どうすればいいの?

 

ブログ記事の下書きテンプレートを有効活用できる「ブログ記事テンプレート」も用意しました

ブログで成果を出したいあなたにオススメです

関連記事 準備中。。。

 

-ブログの悩み, 書き方を知りたい

Copyright© ROKUSHAN BLOG , 2019 All Rights Reserved.