仕事の悩み 起業したい

【ブログで起業】ブロガーとして開業届けを出す方法[個人事業主 [フリーランス)デビュー]

2019-09-04

 

女性
ブログで起業したいけど、ほんとうにできるの?
起業するには、お金はいるの?

 

ブログ飯を目指しているなら「ブログで起業」は1つの夢だと思います

 

しかし、ブログで起業するのは「ぶっちゃけ簡単」です
なんなら、今すぐにでもできます

 

そんなん売上もないし、経験もないし「無理!」と思いがちですが、実際は"開業届けを出すだけ"で「起業」していることになります

 

違う違う、そうじゃない!と思いかもしれませんが、「起業すること」「起業してから何をするか」は別の話です

 

ロクサン
「ブログで起業すること」を目指しているなら、さっさと起業しちゃえば良いんです

 

実際に、「飲食店での起業」と、ブログをメインとした「フリーランス」で起業している実体験を元に「ブログで起業する方法」を解説していきます

 

一般的な起業のイメージは「会社の設立」

 

まず「起業」と言われて思い浮かぶのは「会社の設立」だと思います

 

"株式会社"、"合同会社"、"有限会社"のようなイメージがありますよね

 

しかし、起業の方法には大きく分けて2つあるんです

  • 法人(≒株式会社など)の設立
  • 個人事業主として活動(開業)

この2つの起業方法からわかるように、実は「個人での起業(開業)」もできるんです

 

ロクサン
僕は「個人での起業(開業)」をしています

 

個人での起業は「開業届」を出すだけで"超簡単"

 

ぶっちゃけいって、個人での起業は"個人事業の開廃業届出書"という「開業届」を出すだけでOKなんです

 

これだけで「起業すること」はできます

 

また、開業届を出すことには費用は一切かかりません

 

ロクサン
僕が起業したときは印刷・コピー代と郵送代ぐらいでした

 

どうですか?思っている以上に個人での起業は意外と簡単ですよね

 

これが法人であれば、複雑な書類の作成があったり、初期投資に30万円かかったりと、さすがに難しいです

 

起業することで変わること

 

起業して変わることは、いろいろありますが大きく分けると2つ

  • 精神的成長
  • 節税対策

精神的成長

精神的には、"1人社長"という自覚がでて「稼ぐことにより貪欲」になります

また、"屋号を名乗ること"もできます(単純にかっこいいですよね?)

 

節税対策

節税対策には、節税効果が高い「青色申告」での確定申告ができるようになります

青色申告で確定申告を行う場合、"最大65万円の控除"が受けれます

 

ロクサン
控除とは所得から"マイナスにできる金額"のこと

 

ようするに、控除を受けれるということは「税金が安くなる」ということです

 

ブログで起業するのに必要なもの

 

ブログで起業するには「開業届」を出す必要があります

開業届は国税庁のHPから「[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等からダウンロードできます

ダウンロードした開業届はプリントアウトして、"必要事項に記入・捺印"OKです

提出用と控え用の"2部"用意して提出しましょう

 

女性
...といわれても、どこになにを書いたら良いかわかんないし意外と面倒かも![/chat]

 

ミスなく開業届を作れる「開業freee

そこでおすすめしたいのが開業freee(フリー)です

「開業free」を使えば、「画面の内容に沿って簡単な質問に答えるだけで、開業に必要な書類を自動で作成」してくれます

作成できる書類一覧

  • 開業・廃業等届出書(開業届)
  • 青色申告承認申込書(青色申告を行う場合)
  • 青色事業専従者給与に関する届出書(家族に給与を支払う、または家族への給与を経費にする場合)
  • 給与支払事務所等の開設届出(給与を支払う場合)
  • 源泉所得税に納期の特例の承認に関する請求書(給与を支払う場合)

 

ロクサン
僕も「開業freee」を使って開業届けを出しました!

 

開業freeeならステップごとに必要事項を入力するだけ

「開業free」なら準備、作成、提出の3ステップで開業届の作成から提出の方法までレクチャーしてくれます

 

普通に開業届を出すときに1番悩む「職業」や「仕事の種類」ですが、開業freeeであれば「プルダウンメニューから選ぶだけ」OK

 

"ブログで起業"の場合は「フリーランス」で大丈夫です

 

また、「白色申告」にするか「青色申告」にするかも悩みどころです

 

そこで、便利な「確定申告の種類をシミュレーション」をし選ぶことができます

 

ロクサン
これだけで作成な必要な情報の入力はOK

 

最後に「書類を確認する」ボタンを押すと「必要な書類の控えを含めたPDF」が出力されます

 

開業届の提出先は税務署へ

 

開業届の提出先は"開業場所"もしくは"住んでいる"管轄の「税務署」になります

 

提出ステップに出てくる税務署に提出すればOKです

 

ロクサン
役所に持っていてもダメだからね!

 

また、開業届と一緒に、提出することで"節税効果のある届出"や、"届出が必要な書類"もありますが、「必要な書類として開業届と一緒にPDF」に出力されているので、心配無用です

 

提出方法は、「税務署に持っていく」「郵送する」かの2択です

 

郵送の場合は、"税務署の印鑑を押してもらった控え"を送り返して貰う必要があります
なので、開業届と一緒に「切手の貼った返信用封筒(返信先の住所を記入したもの)を同封するようにしましょう

 

まとめ

 

「ブログで起業すること」を目指しているなら、開業届を出せば「起業は」できます

 

起業したところで、"どうやってマネタイズ"するかは別の話です

 

ちなみに、開業届を出したら年度末には「確定申告」をする必要があります
確定申告は"開業freee"とリンクされている「会計ソフトfreee」がおすすめです

-仕事の悩み, 起業したい

Copyright© ROKUSHAN BLOG , 2019 All Rights Reserved.