ブログ初心者講座 ブログ運営

ブログ初心者はまず記事を書いてみよう!最低限守っておきたい3つのポイント

2019-12-15

こんにちは、ロクサン(@RokusanBlog)です

 

この記事は、ブログ初心者が "初心者を脱却するためにステップアップ" していく「初心者ブログ講座」です

 

初心者脱却!といわれると

  • 記事数はどれだけ?
  • 運営期間はどれだけ?
  • 稼ぎはどれだけ?

など、実績で比べたくなりますが、この初心者ブログ講座では「ブログの基礎」を学んで"初心者脱却"を目指します

 

その過程で、記事を書いて実践してきましょう。という流れです

 

私自身、闇雲に記事を書いていましたが「基礎」がわかっていなかったので 全く成長が見えませんでした。

そこで"自分だけの教科書"として作成したのが、「初心者ブログ講座」です

 

この講座では、初心者は「まず記事を書くこと」

そして、次の3つの約束だけ守ってください

  1. 最初から完璧を目指さなくてOK
  2. 記事タイトルには2つのキーワードを入れよう
  3. 見出しタイトルにも1つのキーワードを入れよう

それでは「初心者ブログ講座」を始めていきます

 

ブログ初心者は『完璧』を目指さなくてOK

ブログ初心者は記事の完成度『完璧』を目指さなくてOKです

 

他のブログやTwitterを見ていると

  • 質の高い記事を書こう!
  • 文字数は2000字以上!
  • 毎日更新!

など、ハードルの高い目標を意識しすぎて、手が止まってませんか?

 

ハッキリ言って、このようなブログ論は無視でOKです

 

僕の場合は、文章を書くことや言葉が苦手だったので「質の高い2000文字以上の記事」は苦行すぎました

 

この時点でやる気ゼロですよね

 

まずは、『書いてみること』&『書き続けること』から初めてみる

まずは記事を『書いてみること』&『書き続けること』から始めましょう

 

質や文量は後から書き足し、書き直しをすれば問題なしです!

 

このブログでも「書いて公開、書いて公開」が基本です

 

ブログのメリットは「リライトできる」ことなので、ブログ初心者の方はどんどん書いて公開していきましょう

 

それでもどれぐらい書けばいいの?という初心者ブロガーの方は、こちらの記事を参考にどうぞ
「ブログ記事は70%の完成度でOK!初心者ブロガーは質より量なワケ」

 

公開することが恥ずかしい!と思っているあなたには「慣れ」が必要です

 

記事タイトルには2つのキーワードを入れよう

最初から完璧な記事を目指す必要はありませんが、具体的に守りたいテクニックもあります

 

1つ目のテクニックは記事タイトルには『2つのキーワード』を入れることです

 

理由は3

  • 記事の内容をしぼれる
  • 読みたくなる記事タイトルが作りやすい
  • 検索されやすくなる

詳しく解説していきます

 

① 記事の内容をしぼれる

1つ目の理由は「記事の内容をしぼれる」からです

 

例えば「派遣」についての記事を書く場合、2つのキーワードとはこのようになります

  • 派遣+WEBデザイナー
  • 派遣+給料
  • 派遣+男性
  • 派遣+うざい

「派遣」+「伝えたい内容」で何を書いていけばいいかわかるようになりましたね

 

ユーザーにとってもこの記事は「派遣の〇〇」について書いてあるということが自然と分かるようになります

 

いきなりキーワードを決めることができない

"2つだけキーワードをいれよう!" とはいっても、いきなりキーワードを決めることが難しいこともあります

 

そのときは「記事を書いてから」2つのキーワード探してみましょう

 

記事中で繰り返し使われている言葉、重要なポイントとして打ち出している言葉など、キーパーソンとなるワードがあるはずです

 

そのキーワードを元に読み返すことで "なんとなく内容がマッチしてるよね!" となれば、OKでし

 

なんか違うな? という場合は、読み返したときに感じた "この内容について伝えたいのでは?" というキーワードを選べばベストかと思います

最初から完璧にキーワードを決めるのは無理なので、初心者の方は『なんとなくこれ!』という感覚で十分です

 

読みたくなる記事タイトルが作りやすい

2つ目の理由は「読みたくなるタイトルが作りやすい」からです

 

たとえば、

僕の考えていた、あの件について

 

この記事にどんな内容が書かれている記事かわかりますか?

"なんかの件について考えていたんだ......" というぐらいしかタイトルからは想像つきません。

 

そして、僕なら読まないです。

 

では、キーワード2つ入れたタイトルはどうなるでしょうか?

初心者のためのブログの書き方

 

"初心者"、"ブログ(or 書き方)"というように2のキーワードを入れています

なんとなく「この記事は初心者に向けたブログの書きが書いてあるんだ」とイメージできますよね

 

このように、2つのキーワードが入ることでグッと記事の内容がイメージしやすくなります

 

検索されやすくなる

3つ目の理由は、2つのキーワードを入れることで『検索エンジンで検索されやすくなる』からです

 

あなたの記事はどのように検索されるでしょうか?

 

たとえば『僕の考えていた、あの件について』検索するにはどうしますか?

"考えていた"、"あの件" でしょうか? しかし、このキーワードで検索する人はいないと思います

 

『初心者のためのブログの書き方』であればどうでしょうか?

解説したように"初心者"、"ブログ(or 書き方)"というキーワードで「検索」されますよね

 

このようにキーワードに合った記事を探している人が多くいます

だから、タイトルに2つのキーワードを入れると、検索されやすくなるんですね

 

逆にタイトルに内容のキーワードが入っていなければ、検索されたいキーワードで表示されない可能性があるので注意しましょう

 

見出しタイトルにも1つのキーワードを入れよう

2つ目のテクニックは「見出しタイトルにも1つのキーワードを入れる」ことです

 

見出しタイトルとは

h2h3などhタグで囲まれたタイトルのこと

とくに見出しタイトルは話の区切りをつけるタイミングで使います

 

だって区切りのない文章は読みにくいですもんね?

 

区切りの見出しを付けることで「ここからは〇〇のことにつてい書いてあるんだ」とわかりやすくなります

だから、見出しもタイトルと同じように「内容の分かるキーワード」が入っていることがベストです

 

キーワードが見つからない場合は、記事タイトルと同じように "文章を書いてから" 探していきましょう

 

 

まとめ:3つのポイントを守りつつ、とにかく記事を書こう!

まずは記事を書いてみるための、「最低限守りたい3つのポイント」を解説してきました

  1. 最初から完璧を目指さなくてOK
  2. 記事タイトルには2つのキーワードを入れよう
  3. 見出しタイトルにも1つのキーワードを入れよう

大事なのは完璧を目指さないこと。

まずは書くことで、書く感覚を身に着けていきましょう

-ブログ初心者講座, ブログ運営

Copyright© Rokusan Blog , 2020 All Rights Reserved.