3倍稼げる魅力的なオリジナルコンテンツの作り方

[voice icon=”http://blog-wordpress.com/wp-content/uploads/2018/03/3-1.png” name=”あかね” type=”l big”]検索エンジンの結果ってタイトルは違うけど、中身が似ているコンテンツってよくありますよね?あれってなんでですかね?[/voice]

[voice icon=”http://blog-wordpress.com/wp-content/uploads/2018/03/5-2.png” name=”しずき先輩” type=”l big”]そうそう!私もよくそんなサイトに当たります。言い回しは違うんだけど書いている内容は一緒じゃん!っとよくなります〜[/voice]

[voice icon=”http://blog-wordpress.com/wp-content/uploads/2018/03/2.png” name=”まい先生” type=”r big”]そうね〜。それって実は明確な理由があるの。あなた達もコンテンツを書くときに気をつけて欲しいことで、実はこれを解消するだけで今までの3倍は稼げるようになるから、良く聞いていてね。[/voice]

なぜ他のコンテンツと似てしまうのか

[voice icon=”http://blog-wordpress.com/wp-content/uploads/2018/03/7.png” name=”まい先生” type=”l big”]これには明確な理由があります![/voice]

それは結論や情報ソースが同じコンテンツだから。

一見、言い回しや構成の仕方でわからないけど、情報源が一緒でアレンジやオリジナル要素のない似ているコンテンツが多く存在しています。

じゃぁ、なぜ結論や情報ソースの同じコンテンツが制作されているか。これには大きな原因は3つあります。詳しく説明していきますね。

欲しい情報に対する情報が限られている

人気のコンテンツや人気の商品であれば、ネットに掲載されている情報量が多くて、さまざまな切り口でのコンテンツ制作が可能です。

でも、マイナーなコンテンツの場合は参考情報が少なすぎるから情報が偏ってしまって、似たコンテンツが存在してしまいます。

私たちがしている、アフィリエイトではキーワード選定は重要なポイントです。

キーワード選定するときに、検索結果を元にしたり、検索リストの下部にでてくる『関連する情報』であったり、検索で入力するときの予測変換にでてくる『サジェスト』を元にしますね。

だから、同じようなコンテンツは人気のある『関連する情報』や『サジェスト』のキーワードが入ったコンテンツが多く存在し、自分のコンテンツ制作のときにも似てしまうコンテンツができてしまいます。

商品ありきのターゲット選定だから

アフィリエイトの多くは、自分のサイトに広告を載せて商品を紹介する。掲載した広告経由で商品を購入してもらえると成果がもらえますよね。

多くのアフィリエイターは『商品ありき』でコンテンツが制作されています。

その場合、この商品を購入したい人はどんな人か。どれぐらいの年齢層かなどを考えてターゲットを選定します。

また、登録するASPもアフィリエイト商品ごとにターゲットユーザーや提案に仕方などが絞られています。その情報を参考にコンテンツを制作しているため、ターゲットが他のコンテンツと似てしまうわけです。

他とは違うコンテンツの作り方

[voice icon=”http://blog-wordpress.com/wp-content/uploads/2018/03/7.png” name=”まい先生” type=”l big”]似ているコンテンツには元情報が一緒だったり、キーワード選定が同じだからと言いましたが、オリジナルコンテンツで他と違うコンテンツを目指しましょう![/voice]

提供する情報をアレンジするには4つの力が必要

コンテンツ制作には、企画力・構成力・表現力・文章力が必要となります。

企画力は、どのように商品を紹介するか。
構成力は、紹介する商品のメリット・デメリットをどのように分かりやすく伝えれるか。
表現力は、構成したアウトラインを元にどこを強調するか、どこに図や写真を入れてユーザーに理解されやすく、可視化させるか。
文章力は、これまで企画・構成・表現してきたものをどんな言葉で伝えるかという4つの力が必要です。

情報収集の仕方と構成の仕方

なんどもいいますが、アフィリエイトのためのコンテンツでは、キーワードとターゲットを選定して制作していきます。

重要なのは具体的なターゲット像。男女。年代。仕事。生活背景。など細かく絞って1人の人物像を作っていきます。

では、その人の人物像から見えてくる悩みは何でしょうか?

例えば30代独身女性。仕事が忙しくて、生活習慣が不規則。食事の時間も遅くて、ニキビもできてしまう。なんていう悩みを想像できます。
女性であればニキビなんかは非常にショックなできごとですし、やっぱり食事のことも気になります。夜遅くに食べちゃうと太りますよね。
そうなれば、その人に対して、ニキビを改善できるものや、サプリメントで食生活だけでも変えませんか?というアプローチができますね。

このようにターゲット像がより具体的であれば、もっと効果的な商品を紹介できる可能性が高くなります。
商品を探す際はASPに掲載されているターゲットの人物像も参考になりますよ。

商品からターゲット像を造る方法

先ほどとは逆パターンで人物像をつくる方法も効果的です。

“ダイエットサプリ”を紹介する場合だと、まず思いつくのは”女性”
その次に本気でダイエット商品に頼りたい、そして使えるお金おもっているとなれば30代、独身。
独身となれば、仕事に負われていたり生活習慣が不規則な場合が多いです。

これをまとめると、30代独身女性。仕事が忙しくて生活習慣が不規則。
みたいな感じにまとめられますね。忙しいというキーワードが出てきているので、気軽にダイエットという考えで”飲むだけでダイエット”なんていうキャッチャーフレーズに反応しやすいでしょう。

切り口や着眼点の違うキーワード

先ほど紹介した人物像は容易に想像できます。ということはライバルが多く検索結果で上位は目指しにくくなりますね。
そんなときに有効な方法が『切り口の違いキーワード』や、『着眼点の違うキーワード』です。

切り口と言うのは先程の”30代独身女性。仕事が忙しくて生活習慣が不規則”という人物像に対して『サプリメント』『 ニキビ改善』『ダイエット』のキーワードが出てきました。
しかし、『転職』『結婚』のような忙しい仕事を辞めて、結婚するという可能性も考えれれますね。

このように通常考えそうなキーワードや商品以外の選定も必要となってきます。人物像の置かれている状況をしっかり想像してキーワード選定をいていると、斬新なキーワードも発見できるかもしれません。

着眼点というのは”30代独身女性。仕事が忙しくて生活習慣が不規則”の”30代独身女性。”の部分です。
もしかしたら”50代既婚女性”とで考えてみれば紹介する商品やキーワードも変わってくるでしょう。事前のリサーチで様々な着眼点を見つけれるといいですね。

着眼点は、経験量が問われる点です。普段から他のサイトのコンテンツで「着眼点」を考えることで、様々なターゲット像が出てきます。
要するに個性を出すためには、コンテンツの考えやプロセスをコンテンツに盛り込むことでオリジナルコンテンツが生まれてきます。

魅力的なコンテンツを制作するためには

[voice icon=”http://blog-wordpress.com/wp-content/uploads/2018/03/2.png” name=”まい先生” type=”l big”]魅力的なコンテンツにするにはいくつかのコツがあるわ。
といっても魅力的なコンテンツを創り続けるには成果が出るまで非常に辛いよね。
そこで楽しみながら魅力的なコンテンツを制作するコツをお教えるわね♪
[/voice]

ターゲットを意識する創造力が必要

ターゲットを選定するタイミングで様々な人物像を想像しますよね。勝手に人の人生を想像することを繰り返しているとだんだん楽しくなってきます。(ちょっとミステリアスな感じになってきますが。)しかし、この創造がユーザーの心をつかむ重要なことなので繰り返し練習してみてくださいね。

成果は二の次

アフィリエイトの目的は報酬を得ることですが、意識しすぎると成果すら得ることが出来ません。

どうしてもアフィリエイトを目的としたサイトを制作していると所品紹介コンテンツばかり制作してしまいます。
では、ユーザーが求めているものはなんでしょうか?まず一番最初に求めているものは悩みに対しての答えです。答えが商品の場合もありますが、それが全てではありません。成果も大切ですが、最初はユーザーに認知され読んでもらえるコンテンツを制作することに専念しましょう。これは目的とは全く逆の行動で辛いですが、少しの辛抱です。

商品を自分で試してみる

紹介する商品を実際に試したコンテンツに勝るものはありません。そのためにも、できる限り自分で試してみることをオススメします。紹介する商品のなかにはサンプルを入手できるものや、一無料で利用できるものもあります。サンプルなどがなければ、セルフバックで商品を入手してみるといいでしょう。

また旅行などのコンテンツであれば実際に旅行に行ってみてレポートするようなコンテンツを制作すると、かなりのアクセス数を稼げます。実際に行った情報とネット上で調べただけの情報では、その場の雰囲気や空気感などの実際に体験しないと書けないことがあります。
費用がかかって行けない!と思いがちですが、行動してその場のレポートをしているコンテンツは多くありませんので十分アフェリエイトでも稼げるコンテンツでもあります。

まとめ

[voice icon=”http://blog-wordpress.com/wp-content/uploads/2018/03/6-1.png” name=”あかね” type=”l big”]コンテンツが似てしまうのは、参考する情報が同じだからだったんですね![/voice]

[voice icon=”http://blog-wordpress.com/wp-content/uploads/2018/03/3-2.png” name=”しずき先輩” type=”l big”]私達もそうならないように、アレンジを加えてオリジナルコンテンツを制作しないといけないですね。[/voice]

[voice icon=”http://blog-wordpress.com/wp-content/uploads/2018/03/2.png” name=”まい先生” type=”r big”]そうよ。アレンジするには、ターゲット像を創造して、コンテンツを制作してあげること。
コツとしては、切り口や着眼点をかえてみることね。
ユーザーの役にたって始めて成果が得れるわ。なれるまで難しいかもしれないけど、続けると良い成果がでるから是非試してみてね![/voice]

コメント