弱者が勝てる唯一の方法『ランチェスター戦略』をブログに取り込む方法

ブログ後発組の弱者は、強者に勝てるのか?

ブログで稼ぐ方法はたくさんありますが、再現性が低かったり、何度も挑戦していても失敗していたり、資金のある企業がアフィリエイトに参戦してきている状態で、どのように戦っていけばいいと思いますか?

先発組の強者と同じようなノウハウを実践したところで、後発組の弱者は太刀打ちできるはずがありませんよね。

ということは、後発組の弱者はブログで稼げないのでしょうか?

そんなことは、ありません。

さまざまなブログノウハウがありますが私の経験上、
唯一勝つ方法とすれば『ランチェスター戦略』をブログに取り入れることです。

ランチェスター戦略で自分だけのブルーオーシャンを見つけ出すことが、後発組の弱者が唯一勝てる方法です。

では、ランチェスター戦略を取り入れたブログとは一体どのようなものか、一緒にみていきましょう。

ランチェスター戦略とは

ランチェスター戦略とは、3つの要素で成り立つ『弱者が強者に勝つ方法』です。

    3つの要素とは…

  1. 一点集中
  2. 差別化
  3. No.1

弱者ほど、『強者との差別化をはかりその一点に集中して戦う市場で1位を取ること』が、唯一の弱者が勝つ方法『ランチェスター戦略』の戦略です。

要するに、自分だけのブルーオーシャンを作り上げて、そこで1位を取るということです。

ランチェスター戦略

ですので、市場で1位を取ると聞くとハードルが高く感じますが、競合がいない状態のブルーオーシャンで1位を取る戦略なので、実は難しくはないんです。

ランチェスター戦略のブログ戦略

それでは具体的にランチェスター戦略をブログの戦略として当てはめていきますね。

    今回は

  • 強者=資金のある企業
  • 弱者=個人ブロガー(自分)

を元に、【ダイエット】の市場を例に解説します。

強者の戦い方

資金のある企業(強者)は【ダイエット】の市場を広く攻めていきます。

食事制限やサプリ、レシピなどダイエットの食事に関する記事、筋トレ、運動などのダイエット方法に関する記事などと、『幅広いキーワードと大量の記事数』で攻めてきます。

これは資金力を使って記事を外注しているからなせる強者のワザです。

ランチェスター戦略2

個人ブロガーがどれだけ頑張って記事を増やしても、到底追いつける記事数ではありません。これに勝つことは無謀な考えです。

要するに、強者と同じように守備範囲を広げているブログでは勝ち目はない。ということです。

弱者の戦い方

弱者の戦い方はランチェスター戦略の3つの要素“一点集中”、”差別化”、”No.1”を狙うためだけに自分の全戦力を集中させます。

図のように、ダイエット市場の『筋トレ』に関する『幅狭いキーワードと質の良い記事』で攻めていきます。

このこだわりこそ、個人だから突き詰めれることであり、どこよりも詳しい記事が見れるブログを意識して作っていきます。

ランチェスター戦略3

このようにすることで、他のブログよりも”ダイエットに関する筋トレの記事”に一点集中でき、差別化ができ、No.1取ることができます。

これがランチェスター戦略をブログに取り込んだ形

まだまだ記事は続きますが、ここで一度まとめてみましょう。

    ランチェスター戦略の3つの要素

  1. 一点集中
  2. 差別化
  3. No.1

この3つの要素を弱者はブログに組み込んで、強者と戦います。

そのためには『幅狭いキーワードと質の良い記事』で勝負を仕掛けます。

幅狭いキーワードに一点集中し、より詳しい質の良い記事で他のブログとの差別化をすれば、その市場はブルーオーシャンです。

何度も言っていますが、そこでNo.1を取るわけです。

では自分だけのキーワードを見つけるためには、どのようにすれば良いでしょうか?

自分だけのキーワードを見つけるためのコンセプトをつくる

自分だけのキーワードを見つけるためには、ブログの『コンセプト』をつくります。

私のブログは『美味しいごはんと、ダイエット』というコンセプトを持ってブログ作ってます!

このようなコンセプトを持って記事を書いている人もいます。

しかし、このコンセプトでは強者には勝てません。

ランチェスター戦略ではもっと細かいコンセプトを作り上げます。

コンセプトを作るときに考える3つの要素

コンセプトを作るときに考える3つの要素があります。

ランチェスター戦略4

    コンセプト作りの3つの要素

  1. 誰のどんな悩み?
  2. どのような価値を提供できる?
  3. その未来はどうなる?

この3つの要素に答えるだけで、立派なコンセプトができあがります。

    例えば、このサイトであれば

  1. 誰のどんな悩み?
    ブログで稼ぎたいけど、続かない・稼げない20代男子
  2. どのような価値を提供できる?
    続けられるブログ戦略の実践方法を教えられる
  3. その未来はどうなる?
    継続的に小さく稼げる

というコンセプトでブログを考えています。

コンセプトによるブログの統一性

コンセプトを決めれば、ブログの記事に統一性が出てきます。

統一性ができれば、市場の中でも1番詳しいブログだ!というブランディングにもなります。

コンセプトがあるから、狙うキーワードができる。

狙うキーワードがあるから、そのキーワードに対して一点集中できて、そこで差別化ができるわけですね。

余談ですが、、、

ブログを続けられない理由で“ネタがないから”という方もいます。

しかし、コンセプトがあれば”ネタ切れ”は起こりません。

コンセプトでブログを特化することにより、関連キーワードや連想キーワードで自分だけのお宝キーワードも出てきます。

コンセプトを考え
自分だけのキーワードをつくるための具体例

別の記事にも書きますが、ランチェスター戦略で狙うコンセプトは、人の「コンプレックス」です。

では実際にコンセプト作りの3つの要素に当てはめて、コンセプトを作っていきましょう。

    コンセプト作りの3つの要素

  1. 誰のどんな悩み?
  2. どのような価値を提供できる?
  3. その未来はどうなる?

先程も例に出した【ダイエット市場】を狙っていきましょう。

  1. 誰のどんな悩み?
    20代のころ太っていたことが原因で、モテないし恋愛が上手くいできなかった。
  2. どのような価値を提供できる?
    筋トレでダイエットをした経験を生かして、ダイエットに役立つ筋トレ方法を提供する
  3. その未来はどうなる?
    そして、モテる!

コンセプトができれば、自分だけのキーワードがみえてきますね。

“20代男子”、”モテたい”、”筋トレ”、”ダイエット”、”モテない過去”など。

ダイエット市場を攻めるにも“恋愛が上手くできなかったから筋トレでダイエット”という、痩せたいからダイエットしたのではなく、別の視点からダイエットをする原因を攻めることができます。

これを突き詰めることで、ダイエット市場のブルーオーシャンを攻めることができます。

また、女性、中年太り、筋トレ以外の方法というのは度外視で記事を書くことで、よりコンセプトに合った記事ができ、大きな差別化ができます。

自分だけのキーワードは
一点集中するこてで見えてくる『お宝キーワード』がキモ

どれだけ、コンセプトを細かく決めて、キーワードを見つけても「ダイエット」というビッグキーワードを入れた記事は勝ち目がありません。

それでは、どのようにダイエットに関連付けたキーワードを見つければいいでしょうか。

詳しくは別記事に書いていますが、ブログを読みに来るユーザーは「結果」を求めています。

要するに「筋トレでダイエットした結果」を知りたいわけです。

結果を伝えるための記事のキーワード選択

例えば、お腹のダイエットの記事を書くとしましょう。

普通に考えれば、お腹×ダイエット方法というキーワードを考えますが、競合が多すぎて上位表示を目指すには難しいです。

ですので、少しひねって“お腹=腹筋”

腹筋は鍛えますよね。

では、その未来はどのようになるでしょうか?

「腹筋を鍛えたら、かっこよく見えるて、モテる!」

ちょっと単純すぎますが、コンセプトの未来に沿った形で“腹筋×鍛える×かっこよく見える×モテる”というキーワードで上位を狙います。

そこから、腹筋の鍛え方や、鍛えるための補助道具などを紹介していきます。

モテる未来がほしいユーザーは、より早くモテたいですよね。

そのため、この記事を読んだユーザーは、紹介された商品の購買意欲も高まり、購入にいたるというところです。

他にも、“男前といわれたい”“好きな人と両思いになれる”など、未来がどのようになるかというキーワードを含んだ記事をつくることによって、他のブログには全くないお宝キーワードを見つけ出すことができます。

まとめ

“弱者が勝てる唯一の方法『ランチェスター戦略』をブログに取り込む方法”でしたが、少し難しい内容にもなっているので何度も繰り返し読むことをオススメします。

そして、ブログを始めるためには『人のコンプレックス』を知り、『戦う市場』を選ぶ必要がありますね。

そのためには、まず自分を知ることから始めます。

そこから自分だけのブルーオーシャンを見つける市場選びが可能となります。

コメント